資金繰りに悩みたくない社長

お金の貯まる経営がしたい社長

金融機関対応に時間を割きたくない社長

新日本経営の

財務部長代行サポート

をご利用下さい

※金融機関を御紹介又は同行が必要な場合、顧問サービスを受け頂く必要があります

財務部長代行サポートを受ける

3つのメリット

資金繰予測により資金ショートの早期対策・不安解消

資金繰り予定表による、資金繰り管理を行っていない場合、社長の頭の中だけでは、今月、もしくは来月までの資金繰りしか管理できません。もし、来月の資金繰りが危ないと気づいたところで、1ヶ月という短い期間では対策のしようがありません。そうすると、常に資金ショートのリスクのある、不安に付きまとわれる経営になってしまいます。私たちは向こう6ヶ月以上の資金繰り予定を管理し、早期に対策を講じることが可能です。6ヶ月あれば、たいていのことは対応可能です。私たちのサポートで、資金ショートのリスク、不安から解放されましょう。

※会社様の月次計画に基づき作成します。

支出の把握・管理で

手元資金アップ

あなたは、会社から毎月いくらのお金が出ていくか、正確に知っていますか?正確に出してみると、ほとんどの社長がその額の多さに驚きます。まずは、いくら毎月お金が出ていくのか把握することが大切です。実は試算表だけでは、手元資金の動きは正確には追えません。試算表のみで管理をしている会社では、「試算表上では黒字なのに、なぜか手元に資金が無い」という状況に陥ります。この状態になると原因不明で、対策を講じないまま、手元資金がゼロになるまで経営を続けてしまいます。資金繰り管理で、出ていくお金の把握と対策で、手元資金を増やしましょう。

資金需要が必要な場合

当社が金融機関対応を代行

資金繰り予定表による管理を行う中で、将来的に資金が足りないという場合の金融機関対応を全て当社が代行します。状況によって、下記の対策にわかれます。

1.追加で融資を申し込む

2.返済額を減らす

​各対策に併せて、当社が資料を作成し、金融機関に説明を行い、将来的な資金需要を乗り切れるサポートを行います。

サポート費用

35,000円/月~​

お申込み方法

まずは無料 融資・財務診断にお申込み下さい

無料で専門家に相談

無料 融資・財務診断

年間100件以上の資金調達を

成功させる​専門家集団が

融資の相談お受けします

直近の決算書をお持ちください。2期分お持ち頂けるとより正確に診断できます。​紙ではなく、データでも構いません。

▼​お電話での申込▼

0120-814-350

▼メールでの申込▼

​お申込み後担当者からご連絡いたします

キャッシュリッチな

経営に役立つ

​ダウンロード特典

(c)2018 ​新日本経営コンサルティンググループ